パナソニック ロボット掃除機 RULO MC-RS810

Panasonic(パナソニック)は、新型の「ロボット掃除機 RULO MC-RS810」を10月下旬に発売予定です。店頭価格は15万円前後が予想されています。

3種類(超音波・レーザー・赤外線)の障害物検知センサーを搭載し、壁、家具はもちろん、透明な物も検知し衝突することなく掃除を継続します。

RULO の障害物検知センサー動画

部屋の隅までゴミをよく取る目的で、本体形状は三角形。部屋の隅から掃除をスタートし、その後、ルート走行に変わることから、ランダム走行と比較して、同じ広さをおよそ半分の時間で掃除が可能になります。

吸込口のブラシは、Y字ブラシの量を3倍にし、また、サイドブラシの起毛布幅を5mmから20mmに増量し、かき取り性能をアップした結果、集塵力を約10%アップ

「音ひかえめ運転」機能を搭載し低騒音化に成功。

また、掃除しないエリアを2か所設定できます。

本体サイズは、幅330mm×奥行325mm×高さ92mm、重さは約3kg。充電時間は約3時間で、連続使用時間は約100分。最大稼働面積は約120畳。

「ロボット掃除機 RULO MC-RS810」の詳細は、以下のPanasonic公式サイトで確認することができます。

Panasonic公式サイト

掃除もロボットに任せる時が、刻々と近づいていますね!