飲めるごはん JA北大阪

2018年は、豪雨、台風、地震といった、かつて経験した事のない規模の自然災害が発生しています。「想定外」という言葉が繰り返される中、国民一人一人に防災意識が浸透していることも事実なようです。

避難の際に、携帯した方が良い物として現在注目を浴びているのが、JA北大阪から販売されている『農協の飲めるごはん』

ある程度のミネラルウォーターは当然として、簡易の食糧も必要です。従来の乾パンは、口の中に入れると口の中を水分を吸い取ってしまう為、水無しでは食べることが困難なことがわかってきました。

『農協の飲めるごはん』なら、持ち運びは便利(1缶245g)。缶を開けてそのまま摂取でき、また、水も加熱も不要水分と栄養を補給できて腹持ちも良いので、非常食としては申し分ありません。

缶.jpg

アレルギー体質の方にも配慮し、食物アレルギー対象の27品目は不使用。味は「梅・こんぶ風味」「ココア風味」「シナモン風味」の3種類で、1缶260円(税別)です。

現在は、個人は勿論、自治体からも問い合わせが相次いでいるのだとか!

『農協の飲めるごはん』は、以下のJA北大阪HPから通販で購入することが可能です。想定外の天災がいつ起こるのかわからない最近の日本。防災グッズと最低限の食糧備蓄は、とっさの時に命を守る盾と解釈した方が賢明ですね。

JA北大阪公式HP