Forbes スポーツ長者番付2019 トップ100

米国の経済紙Forbes(フォーブス)誌が、2019年版のスポーツ長者番付(The World's Highest-Paid Athletes)トップ100を発表しました。

2018年6月1日から1年間で、給与、賞金、スポンサー収入を推定して集計したものです。

年収.jpg

世界のスポーツ選手で最も収入が多かったのは、サッカーのリオネル・メッシ選手で、推定収入が1億2,700万ドル(約139億7,000万円/1米ドル=110円換算)。トップ100で唯一の日本人ランクインは、35位でテニスの錦織圭選手。推定収入は3,730万ドル(約41億円)。

また、トップ100で唯一の女性が、テニスのセリーナ・ウィリアムズ選手で65位。推定収入は2,920万ドル(32億1,000万円)。

ここ数年の不調から見事に復活を遂げたゴルフのタイガー・ウッズ選手は11位で、推定収入は6,390万ドル(70億2,000万円)。

スポーツ分野別では、全米プロバスケットボール(NBA)の選手が最多で35人、
次に全米ナショナルフットボールリーグ(NFL)で19人、野球15人、サッカーが12人、ゴルフとボクシングが各5人、テニスが4人と続いています。

また、国籍別では、米国人選手が62人となっています。

2018年では第1位で、過去7年で1位に4回輝いたボクシングのフロイド・メイウェザー選手(米国)は、本業は引退している為、2019年では100位圏外となっています。

以下がスポーツ長者番付2019の上位10名です。(1米ドル=110円換算)

第1位:リオネル・メッシ(Lionel Messi)
推定収入:1億2,700万ドル(約139.7億円)
競技:サッカー

第2位:クリスチアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)
推定収入:1億900万ドル(約119.9億円)
競技:サッカー

第3位:ネイマール(Neymar)
推定収入:1億500万ドル(約115.5億円)
競技:サッカー

第4位:カネロ・アルバレス(Canelo Alvarez)
推定収入:9,400万ドル(約103.4億円)
競技:ボクシング

第5位:ロジャー・フェデラー(Roger Federer)
推定収入:9,340万ドル(約102.7億円)
競技:テニス

第6位:ラッセル・ウィルソン(Russell Wilson)
推定収入:8,950万ドル(約98.4億円)
競技:アメリカンフットボール

第7位:アーロン・ロジャーズ(Aaron Rodgers)
推定収入:8,930万ドル(約98.2億円)
競技:アメリカンフットボール

第8位:レブロン・ジェームズ(LeBron James)
推定収入:8,900万ドル(約97.9億円)
競技:バスケットボール

第9位:ステフィン・カリー(Stephen Curry)
推定収入:7,980万ドル(約87.7億円)
競技:バスケットボール

第10位:ケビン・デュラント(Kevin Durant)
推定収入:6,540万ドル(約71.9億円)
競技:バスケットボール


なお、トップ100に興味のある方は、以下のForbes公式サイトを参照して下さい。

FORBESスポーツ長者番付2019