井上尚弥 ノニトドネア WBSS決勝 2019年11月7日 さいたまスーパーアリーナ

プロボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26/大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(36/フィリピン)のバンタム級頂上決戦は、2019年11月7日(木)、さいたまスーパーアリーナで開催される事が決定しました。

モンスター井上vsドネアの一戦は、バンタム級最強王者を決めるWBSS(World Boxing Super Series)の決勝として行われる世界のボクシングファンが待望する注目の一戦。

ボクシング.jpg

WBSS決勝が井上とドネアに決定したのが今年5月。それ以来、開催地と日程が遅々として決まらず、業を煮やしたドネアが、一時撤退を示唆した経緯がありました。

米メディアが報じたこのニュースに、井上選手が所属する大橋ジムの大橋秀行会長(54)は、お盆前後に会見するとし、8月6日の時点では明言を避けていましたが、8月8日(木)に正式に決定した模様です。

現在のバンタム級最強を決めるWBSS決勝の会場「さいたまスーパーアリーナ」は、最大収容人数約37,000人を誇る日本屈指の多目的アリーナ。井上尚弥の晴れ舞台に相応しい会場と言えるでしょう。

これまでの憶測では、WBSS決勝は米国、英国、マカオ、中東も候補地として挙がっていました。しかし、井上選手にとって母国開催となれば、コンディションの調整にもかなり有利となります。井上選手自身も「国内でやりたい。食事で困らないから」とコメントしていました。

勝敗の予想は、圧倒的に井上有利。

しかし、相手のノニト・ドネアは、5階級制覇の実績と経験を兼ね備えたボクシング界のレジェンド。一撃必殺の左フックと攻防兼備なスピードを武器とし、ニックネームは「フィリピンの閃光(The Filipino Flash)」。

ドネア選手は、「私は何人もの世界王者と戦ってきた。井上は素晴らしいファイターだが、準決勝(対ロドリゲス戦)を見たところ、穴があった。ゲームプランを確実に作っていければ、(副賞のモハメド・)アリトロフィーを獲得できる。」とのコメントを発表。対する井上選手は、「決勝を待ちきれない。ボクシング界のレジェンド、ドネアと決勝で戦えることは光栄です。そのレジェンドに勝つために最善を尽くします。」「自分が高校生のころから憧れていた選手。世代交代というか、KOで勝って引導を渡したい。」とコメントしています。

互いにスピードとパンチ力がずば抜けているだけに、一瞬で勝敗が決するスリリングな攻防が予想されます。

なお、「井上尚弥 vs ノニト・ドネア さいたまスーパーアリーナ決戦」の前売りチケット情報が開示され次第、このページにアップデートしておきます。乞うご期待!!

2019年11月7日(木)、さいたまスーパーアリーナでのバンタム級最強決戦に、世界中のボクシングファンの熱い視線が集まります!

井上尚弥 vs ノニト・ドネア さいたまスーパーアリーナ 2019 チケット情報近日公開予定!icon
チケットぴあ