NeoHeat(ネオヒート) ビームコーポレーション

外気温自体が冷え込んでしまえば、いくら重ね着をしても温かく感じられない・・・

寒さが厳しい地域ではよくあることです。

手袋.jpg

ヒートテック素材も、外的な要因(繊維が汗などの水分を吸収)で発熱する仕組みであって、着ているだけで発熱するわけではありません。

では、着るだけでは温かくなる冬着はないのでしょうか?

ビームコーポレーションから発売の、暖房機能付き次世代防寒ウェア『NeoHeat(ネオヒート)なら、着るだけで体を温めてくれます!



NeoHeat(ネオヒート) のラインアップは、「ダウンベスト」、「ライトダウンベスト」、「フリース」の3種類。

各ラインアップの背中部分に「ナノフレキシブル加熱フィルム」を内蔵スイッチをONにすると温かくなる仕組みですが、このフィルムの薄さはたった0.06mmでレジ袋なみ。しかし、約280℃の高温にも耐えられる強力な素材。軽量ゆえに、重さを感じることも無く、着心地には全く影響はありません

スイッチを押した後、10秒足らずで背中部分は約9℃温度が上昇。温かさの調節は、弱(40℃)、中(50℃)、強(65℃)の3段階。付属のモバイルバッテリーを使用し、「弱」設定の場合で最大6時間(目安)温かさが持続します。

汚れた場合、ケーブル類を付けたままでも、洗濯ネットに入れれば丸洗いOK

また、デザインはスタイリストの大山旬氏を起用し、デザイン性も重視されています。

サイズは、S・M・L・LLの4種類で、カラーはブラックのみ。価格は、ダウンベスト34,800円、ライトダウンベスト24,800円、フリース19,800円で、いずれも税別です。

冬の防寒対策を重視する方、防寒効果とファンション性をどちらも両立したい方におススメの一品といえるでしょう!