ポータブル電源 エネポルタ EP-100R

梅雨が明け、夏本番、そして、台風シーズン到来です。

去年(2019年)10月、関東地方などで甚大な被害をもたらした台風19号(令和元年東日本台風)。千葉県などでは、水道や電気などのライフラインが断たれ、住民の避難生活は過酷を極めました。

typhoon19.jpg
(画像はイメージです)

あの時、大活躍したのがポータブル電源。電力が寸断された避難生活に、電力を供給し続け、人々の命を繋いだ防災グッズ。

ポータブル電源がさらに小型化された最新モデル『エネポルタ EP-100R』が、発売されました。



本体サイズは、幅21.3cm×奥行8.6cm×高さ17.2cm重さは約1.57kg軽量コンパクトボディ

容量50,400mAh(186Wh)のリチウムイオン充電池内蔵、出力容量は最大100W。

使用可能時間の目安は、一例として以下の通り。

・20W相当のLED電球:約5.5時間
・32型の液晶テレビ:約2時間
・スマートフォン充電:約8回




本体の充電は、家庭用コンセントで約8〜9時間

本体にはLEDライトを搭載しているため、懐中電灯としても使用可能です。



去年の台風被害で、人々の避難生活に光を灯し続けたポータブル電源災害・防災グッズとして要チェックの一品です。

『エネポルタ EP-100R』のメーカー希望小売価格は33,000円(税込)ですが、楽天で市場価格を確認してみることをおススメします。