楽天モバイル 新料金プラン

楽天モバイルが、2021年1月29日(金)、大手3社に対抗し新料金プラン「UN-LIMIT VIを発表しました。

これより先に、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手キャリア3社は、ほぼ横並びで2,980円(20GB)プランで料金値下げを発表したばかり。

第4のキャリアとしての楽天モバイルの新料金プランは、データ使用量に応じて異なった料金を設定。データ使用量が少ない程、料金が段階的に安くなるプランで、大手キャリア3社と差別化して対抗する戦略のようです。

rakuten mobile.jpg

楽天モバイルの新料金プラン「UN-LIMIT VI」の概要は、以下のようになっています。

・データ使用量20GB~無制限:2,980円
・データ使用量3GB~20 GB:1,980円 
・データ使用量1GB~3GB:980円
・データ使用量0~1GB:無料
(全て5G・4G/月額/税別)


大手3社のプランは、1~7GBまでのデータ使用量であれば、3,150円~6,150円(ドコモ/au)、3,980円~7,480円(ソフトバンク)という各プランに家族割引を付けるなどがありますが、楽天モバイルの「UN-LIMIT VI」は、家族割は無いものの、さらに安く設定されています。

また、楽天モバイルは、基地局の整備拡大を急いでおり、自社の回線がカバーするエリアを、今年の夏までに96%に引き上げる方針です。

大手3社の20GBプランは、全てオンラインのみの手続き。それに対し、楽天は、オンラインおよび全国の実店舗の両方で申し込みなどを受け付けるなど、カスタマーサービスの点でも差別化を鮮明にしています。

現時点の価格競争では、楽天が1歩前に出た展開となりましたが、大手3社が今後手をこまねいて静観するだけとは思えません。

携帯料金の価格競争は、火ぶたが切って落とされたばかり、と言えるでしょう。