おにぎり製造マシン 究極のおにぎり

おにぎり専門店で食べられるような、ほどよい握り加減のおにぎりを家庭で作るのは、なかなか難しい技術ですよね。

そこで、専門店のようなふっくらとしたおにぎりを家庭で作れる製造マシン究極のおにぎりが、タカラトミーアーツから2023年8月10日(木)に発売されます。
[PR]

『究極のおにぎり』は、専門店の職人レベルの美味しいおにぎりを追求したおにぎり製造マシン。

作り方は簡単です。

・炊き立ての熱いご飯を付属の「おにぎりケース」にセット。
   ↓
・本体の「おにぎりスタンド」のレバーを倒す。
   ↓
・「おにぎりケース」が自動で回転。
   ↓
・約30秒後に停止。
   ↓
・ふっくらおにぎりの完成。


[PR]



タカラトミーアーツは、美味しい究極の食感のおにぎりを追求して、以下を細部まで調整して開発したそうです。

・「おにぎりケース」の形状
・回転スピード
・ご飯の粒がつぶれない重力


これら機能の開発により、「艶」「ふんわり感」を確保できるとのこと。
[PR]


おにぎりの種類は、白飯だけでなく、付属の取扱説明書に9種類のアレンジレシピが掲載されています。
[PR]


さらに、専用の「卵黄トレー」で「卵黄醤油漬け」を作ることが可能です。生卵から白身を分離し、卵黄だけを少量の醤油で漬けることができます。
[PR]


本体サイズは、幅15.5cm×奥行9.0cm×高さ15.0cm。電源は、単二形アルカリ乾電池2本。価格は4,378円(税込)。

「熱いご飯を手にするのが苦手」、「整った三角形にするのが難しい」。。。。

このような悩みをお持ちの方には、炊き立ての熱々なご飯でも、専門店の職人がにぎったような絶妙な食感のおにぎりに自動で仕上がる『究極のおにぎり』がおすすめです!

[PR]